2012-05-24

当分変えないとか言ってないで,すぐ変えろって!

 労基法114条は,裁判所の裁量により,使用者に付加金を命じることができると規定しています。今回の話は,付加金自体がメインではないんで,簡単に言うと,たとえば,労働者が未払い残業代の支払いを請求した場合,使用者の態様が悪質だと,未払い残業代と同額の付加金というペナルティーを科される可能性があります。

 ということなので,労働者としては,未払い残業代請求のみならず,付加金も支払えと訴訟提起します。ところが,大阪地裁は,付加金を訴額に算入するんですよねぇ~なぜか。東京地裁は,算入しない扱いです。たまたま管轄になってしまった神戸地裁は,受付係に訊くと,付加金は訴額に入れなくていいですよと。
もしかして,付加金を訴額に算入するのって,大阪だけなんじゃないかと,最近,思っています。訴額が倍になると,印紙代が増えるんですよねぇ~

 大弁の会報によると,付加金を訴額に算入しないとい運用は当分,変えないらしくって,いやいや,すぐに変えろって!

 ♪Mr.Children「天頂バス」(アルバム:シフクノオト 収録)

0 件のコメント:

骨伝導のコツがつかめない

 「 世界初,ハイレゾ級骨伝導イヤホン 」であるearsopenというプロジェクトがクラウドファンディングで資金を募集していたので,ポチってみました。  で,ようやく,リターンである 実物が届きました 。さっそく,使ってみた感想を少しだけ書いておきます。  クリップ式にな...